HOME事業案内教育事業オーストラリア マニュアルセラピー・セミナー

オーストラリア マニュアルセラピー・セミナー

セラピーの極みを目指して!! セラピストのためのスキルアップセミナー ~オーストラリア マニュアルセラピー・セミナーご案内~

<セミナーの概要と実績>

  • 平成12年RIHSE設立後の最初の活動事業としてオーストラリア マニュアルセラピー・セミナーを開設。
  • 土・日(祝日)の終日、座学と実技の集中セミナーを実施。
  • 不定期にオーストラリアのスペシャリストを招へいし、特別講座を開催。
  • 全国からの受講者の参加を通じて相互交流機会を提供。
  • 平成24年度まで基礎コースおよびアドバンスドコース延べ受講者数4,000名を突破。
  • オーストラリア マニュアルセラピー・セミナーではわが国随一のセミナー実績。

<講師: 小形 洋悦>

岩手県生まれ。2000年シドニー大大学院修士課程修了。同大理学療法および教育修士号取得。
現在、郡山健康科学専門学校 応用理学療法学科教員・国際交流センター 交流推進室長。
海外6ヶ国で理学療法研修を積む。日・豪2ヶ国の理学療法士資格保有。

オーストラリア マニュアルセラピー・セミナー(平成27年度 前・後期)

◆ 基礎コース : 1日目 10:00 ~ 17:30 / 2日目 10:00 ~ 15:30

Part I : 筋骨格障害の系統的評価の理論と実際 (募集人員30名)
Part II : 腰椎・下肢の評価と治療 (募集人員22名)
Part III : 頚椎・上肢の評価と治療 (募集人員22名)

  前期 後期
コース A日程 B日程 B-②日程 E日程 F日程
基礎
PARTⅠ
終了 終了 終了 終了 1/9(土)~
1/10(日)
基礎
PARTⅡ
終了 終了 終了 12/5(土)~
12/6(日)
1/23(土)~
1/24(日)
基礎
PARTⅢ
終了 終了 終了 12/19(土)~
12/20(日)
2/13(土)~
2/14(日)

備考:
①E,F日程から任意に組合せ可能
②8月の基礎コースⅠ、Ⅱは中止となりました。

オーストラリア マニュアルセラピー・セミナー イメージ

◆ アドバンスコース : 1日目 10:00 ~ 17:30 / 2日目 10:00 ~ 15:30

修了証 イメージ

Part I : 肩の評価と治療の実際 (募集人員22名)
Part II : 頚・腰椎の典型的な障害の評価と治療の実際 (募集人員22名)
Part III : 股・膝・足・肘・手関節の評価と治療の実際 (募集人員22名)

  前期 後期
コース C日程 P日程 Q日程
アドバンス
PARTⅠ
終了 終了 2/20(土)~
2/21(日)
アドバンス
PARTⅡ
終了 終了 3/12(土)~
3/13(日)
アドバンス
PARTⅢ
終了 終了 3/26(土)~
3/27(日)

備考:基礎コース修了者対象、P,Q日程から任意に組合せ可能


会場 : 健康科学研究開発センター(主催)

東京都品川区南大井2-7-9 アミューズKビル3F

受講対象者 : PT、OT、医師

受講費用 : ¥21,500  (各PART) 税別

申込先 : 健康科学研究開発センター

FAX:03-5753-8112   ※FAXでお申込み下さい。 (定休日:土曜日、日曜日、休日、水曜日)

▼FAXお申込用紙はこちらからダウンロードしてください
オーストラリア マニュアルセラピー・セミナー受講申込用紙
(FAX専用/PDF 約90KB)

TEL: 03-5753-8110
※申込み状況については適宜更新しておりますが、満席になっていることもございますのでお問い合わせ願います。なお、コース毎の受講者が最低実施人数の10名に満たない場合は、他の日程への併合、あるいは実施見送りの場合があります。

セミナー申込み、受講に際して

本セミナーは、10名以上の参加者で開催いたします。

セミナーの内容について

◆基礎コース

基礎コースはオーストラリアシドニー大学の筋骨系専門修士養成コースで講義されている内容を中心に構成しています。

Part I : 筋骨格系障害に対しての系統的な評価と治療

患者さんの症状や徴候から、仮説をたて、PT的診断、治療方針を導き出す過程について、理論的背景、臨床例を紹介しながら、実際に臨床で使えるまで実技指導します。小グループに分かれて、実際にその系統的評価に沿って実技演習を行います。この過程で必要な臨床的推論(クリニカルリーズニング)についても説明いたします。関連痛、直接痛、神経根症状、発症のメカニズム等について、最新の情報を提供します。この PART1 を修了すると、一般的に日本で行われている評価とこのコースで習った系統的評価の違いがはっきり理解できると思います。そしてそれが筋骨格系障害のマネージメントのために重要かつ有効である事が理解出来るでしょう。単に治療技術を学んでも、どういう時に、どの位の強さで、どの治療手技を使うかの判断が正しく出来なければ、臨床では役に立たないでしょう。そのためにこの系統的評価、問題解決の方法、臨床的推論の過程を学ぶ事が必要です。

Part II : 腰椎下肢の評価と治療

PART1 で学んだ系統的評価に沿って、腰椎・下肢の評価と治療手技について講義、実技指導します。椎間関節、椎間板、神経根の症状をどのように鑑別するか、それぞれの評価・治療方法について講義します。評価・治療手技については、少人数で、臨床で使えるようにフイードバックを行いながら実技演習指導を行います。腰椎の椎間関節の副運動( passive accessory intervertebral movements )、他動生理運動( passive physiological intervertebral movements )、Tension test( SLR、PNB, slump test )neurological examination 、自動運動と overpressure 等について実技指導します。なお、lumbar multifidus、transverse abdominisの深部筋に着目した muscle exercises の方法についても指導し、患者さんに渡す home exercise program も資料として提供します。

Part III : 頚椎・上肢の評価と治療

頚椎性頭痛( cervicogenic headache )のメカニズム、椎間関節の複合運動( coupling movements )など、頚椎特有の解剖・バイオメカニクスを講義します。それから、系統的評価に沿って、客観的評価、触診、治療技術の実技指導をします。実際の症例を通して、臨床的推理の過程を学びます。 Upper limb tension test 、neurological examination の理論と実技指導を行います。頚椎前方の筋の muscle exercises 、頚椎後方筋群のストレッチング、頭痛、肩こりのメカニズムとその予防の為の姿勢訓練等、 home exercises のプログラムも提供します。

◆アドバンスコース

アドバンスコースは基礎コースで一通りの評価・治療の過程を理解し、臨床で実際に系統的評価の治療経験を重ねながら、更に実践的で典型的な障害についての理論的解釈と特殊な治療技術について、講義・実技指導します。

Part I : 肩の評価と治療の実際

肩関節の解剖、バイオメカニクス、触診の講義から始まり、肩関節障害に対する特殊なテスト、触診、モビライゼーションの治療手技について講義、実技指導します。特に各rotator cuff muscleに対して選択的に行う muscle exercises についての紹介は本邦では初めてでしょう。4種類の upper limb tension test についても実技指導します。

Part II : 腰椎・頚椎の典型的な障害の評価と治療の実際

神経根圧迫症状を治療するための sustained rotation 、torticollis(寝違え)治療の lateral gliding など特殊な治療手技の講義、実技指導が含まれます。実際に経験した症例を持ち寄り、症例検討を行います。そこで、系統的評価が正しく行われているか feedback します。講師の経験した症例を13例紹介します。

Part III : 肩以外の四肢関節の評価と治療の実際

アドバンス PART3 は残りの関節、股、膝、肘、足、手の関節について評価と治療の実技演習を行います。
膝だけでもspecial test が沢山あるので相当盛りだくさんな内容になっています。コース修了者には修了証を授与いたします。基礎コース PART1~3 修了者には基礎コース修了証を、アドバンスコース PART1~3 までの修了者にはアドバンスコース修了証を授与いたします。

申込みに際して

  • 初めて申し込まれる方は、基礎コース PART1 からの申し込みとなります。
  • 基礎コース PART2・3 およびアドバンスコースも同時に申し込まれる場合には、基礎コース PART1 から開始できるようにお願い致します。
  • 基礎コース PART1 をすでに受講されている方は、基礎コース PART2・3 およびアドバンスコースに関しましては順不同で申し込むことが出来ます。
  • 基礎コースを終了されていない方はアドバンスコースを受講出来ません。
  • 受講申込者が定員になり次第、受付を終了とさせて頂いておりますので、予め御了承下さい(先着順)。
  • 受講予約状況に付きましてはホームページの最新情報に随時掲載しております。直前の申込は事務局にお問い合わせ下さい。

受講に際して

  • 基礎コース PART1 は講義のみで実技はありません。その他のコースでは、実技がありますので相応しい服装とタオルの準備をお願い致します。
  • 当日のビデオ・写真撮影、その他録音等に関しましてはお断りしておりますので御了承下さい。
NPO法人健康科学研究開発センター(NPO-RIHSE)
〒174-0041  東京都板橋区舟渡一丁目  8-14-306号  TEL.090-8844-7960
Page Top